忍者ブログ
日々の出来事を徒然なるままに
〓 Admin 〓
<< 01   2020 / 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29     03 >>
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

26日、再び秋葉原のイエローサブマリンで開催されたウォーハンマーのイベントに参加させて頂きました。

自分はウォーリアー・オブ・ケイオスで1500ポイント戦を1回やりました。対戦相手の方は新版になってから始めてのビーストマン、そしてin・・・ではなかった、新単位mvを使っての初バトルという始めて尽くしのバトルでした。
それでは、バトルレポートをご覧下さい。
今回は物語調ではなく、どんな事が起きたかというオーソドックスなタイプのものです。写真が少なくて申し訳ありません。この次は!この次こそはァッ!!
なお、シナリオは1、『正面決戦』です。


バトル開始!





お互いに1500ポイント出し合ってのバトル。
自分は30体マローダー2部隊、ケイオス・ウォーリアー30体、ヘルキャノン1台にソーサラーロードのオリジナルキャラクター“召喚師”サマンスレイヴを迎えました。
マローダー2部隊が主力、ケイオス・ウォーリアー部隊は合流させたサマンスレイヴの親衛隊を勤め、ヘルキャノンは3部隊を援護するために砲弾を吐き出す・・・と見せかけて、暴走して巨大なスポーンとして相手の部隊を食い止めてもいいように思いっきり前に出しています。
キャラクター1人&ディスペルスクロールなしという、かなり不安の残る・・・いや、漢らしい編成です。

対戦相手の方のビーストマン部隊!





こちらが対戦して下さった方のビーストマン部隊。丁寧なペイントが素晴らしいです。この時一番の驚異だと思っていたのは、ジェネラルが合流しているミノタウロス部隊。このドゥームブル、コンバージョンです。躍動感が素晴らしく非常に格好いいミニチュアでした。
そしてこの時、湊は気付いていなかった・・・ゴールゴンの真の恐ろしさに・・・・・・

大決戦!!





これぞ正面決戦!!といわんばかりのクライマックス・・・と思いきや、これは2ターン目表の出来事。とてもそうには思えない!
この光景を見た参加者の方から「実に8版らしい光景ですね」という感想を頂きました。この時、湊の心は折れかけ、リアル恐慌チェックを脳内でしておりました(ちなみに湊の【気】は5だ)。しかしまだこの時もゴールゴンの恐ろしさに気付いてない・・・・・・

ミノタウロスズ!





ゴールゴン強し!ゴールと共に迫るゴールゴンによって、我がマローダー部隊は壊滅しました。しかし、それだけでは終わらない・・・度重なるヘルキャノンとのバトルによってゴールゴンの攻撃回数は11にまで成長。ゴールゴンの真の恐ろしさを知って恐怖する湊。どのくらい恐怖していたかというと、その時の写真がないぐらい。ゲームで冷や汗をかいたのは久しぶりだぜ・・・・・・

隣で繰り広げられていたミノタウロスとの戦闘に敗北すれば、その時点で投了決定。
コンバージョンされたドゥームブルが無茶苦茶格好良い!一騎打ちを申し込みたい所ですが、サマンスレイヴではドゥームブルに太刀打ちできない!特にこのバトルは敗北が掛かったバトル。これで勝利したらお前をエグザルに昇格してやる!と気合いを入れて、ウォーリア―のチャンピオンを戦闘に出しました。
でも、あっさり敗北。よかったチャンピオンをエグザルとして使わなくて(笑)・・・というのは(半分)冗談で、これは計算済み。貴重な犠牲を払って、残りのケイオス・ウォーリアーとサマンスレイヴが渾身の一撃!なんと相手に8点のダメージを入れる事に成功しました。無事に投了阻止!

超巨大紫太陽!!





自分的今回のイベントの目的は、“超巨大”ズィレウスの紫太陽を召喚する事。見事目標達成!
ブーストして難易度25にまで跳ね上がったズィレウスの紫太陽は、ゴール達をなぎ払いながら通過していきました。素晴らしい破壊力!これで一気に形勢逆転か?!と思いきや、そのまま紫太陽は戦場の端へと直進し、そのまま戻ってきませんでした(泣)。
このテンプレート初めて使いましたが、雰囲気が素晴らしく戦場がよりドラマチックになったように思います。

最終決戦!





ゴール部隊とゴールゴンがケイオス・ウォーリアーに突撃!この時すでに攻撃回数11回となったゴールゴンはたった一体でこちらのケイオス・ウォーリアーと渡り合えるレベル。もうダメか・・・と死を覚悟したが、戦闘結果で辛勝。これでゴールゴンの狂乱が解けた!万歳!!さらに豪傑なケイオススポーンを屠りマローダーの残存勢力が応援に駆け付けてくれた!これなら勝てる!
しかし攻撃回数が減っても、ゴールゴンはゴールゴン。ケイオス・ウォーリアーの逃走したゴール部隊への追撃を阻む!

討ち取ったり!





見事ゴールゴン討ち取ったりィッ!
ゴールゴンを倒した事により、ウォーリアー・オブ・ケイオスの湊が勝利しました。
戦場に存在したユニットは双方ほぼ壊滅状態で、戦争の虚しさだけが静かに一陣の風のごとく戦場を通りすぎていきました。

ゲームは終始つばぜり合いのような状態で、最後の最後までどちらに軍配が上がるか分からない、非常に面白いゲームでした。
対戦して頂き、ありがとうございました。次は無茶苦茶格好いいドゥームブルと一騎打ちをさせてください!

WHFB会を開催して下さった主催者様、運営お疲れ様でした。非常に素晴らしいイベントで、とても楽しいひとときを過ごせました。心からお礼申し上げます。



このイベント後の食事で、対戦した方とウォーハンマー談義に花を咲かせた影響で新たなるケイオスロードを作ろうという制作意欲が湧きました。
現アーミーブックでイーサンはパワー不足。ならばイーサンに代わる新たなるケイオスロードを・・・!と前々から思っていたのですが、良い素体をなかなか見つける事が出来ず計画は凍結していました。
が、あんな素晴らしいドゥームブルを見て制作意欲が湧かない筈がない!アレの封印を、解く時が来たようだなァッ!!

ネオロード





実は徒歩アーケィオン、もう一体持っていたのだよ!本当はブリスターのまま永久封印する予定だったのだけれど、やっぱりミニチュアは作ってなんぼ!ブリスターを勢いよく引き破り、前々からコンバージョン用に確保してあったパーツを使ってコンバージョン。出来たのが写真のミニチュアです。

後ろ





マント部分に大きなヒケがあったので、リキッドグリーンスタッフで修正。

拡大





頭部はディスク騎乗のティーンチロードの頭部を使っており、その頭部が他のWoC系の頭部とは違う変則的な形をしていたので、メタルをナイフで削ってからグリーンスタッフでモールドを追加しました。

内訳は、素体は徒歩アーケィオン、頭部はディスク騎乗ティーンチロード、右腕はメタル版のデモニックマウント騎乗ケイオスロード、シールドは旧ケイオスウォーリアーのシールドです。

イメージはホビージャパンから出ているウォーハンマーの小説『渾沌のエンパイア』に登場するレイヴン・ホストのケイオス・ロード。あのケイオスロードにはイラストがないので完全に自分の想像なんですが、こんな感じなのではないかなーと思いながら作っていました。というか、これ出来上がった後に『渾沌のエンパイア』を読み返して、描写とか見直すと自分の想像と全然違って非常に困った。武器はグレイブで、マントはカラスの羽根。おまけに、角と角の間に巨大な単眼が浮いているらしい。今からこれを全部再現するのは難しいので(特に単眼)、雰囲気のエッセンスだけイメージに投影して制作したということにしてください(笑)。あと、これの初読時に“グレイブ”を“グレイトウェポン”と脳内変換してしまった俺に幸あれ・・・・・・

ちなみに、『渾沌のエンパイア』は非常に面白い小説です。クライマックスで大決戦を繰り広げるケイオス&エンパイアプレイヤーはもちろん、ウォーハンマーって何ぞや?という方にもお勧めで、特に血湧き肉躍るファンタジーや、戦槌を振り回して戦う美少女や、渋いオッサン、料理が得意なイケメンエルフとドワーフが大好物な方には全力でお勧めする小説です。

さて無事組み立て終わったケイオス・ロードですが、実はまだ名前がありません。バックストーリーも。完全に勢いだけで作ったので、その二つが置いてきぼりになってしまいました。ペイントが終わった後に、じっくりと考えようと思います。というか、多分イーサンの別形態として使うと思う・・・うん、間違いなく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
こんにちはまそまそです。質問があります。

現実の戦争では戦車に乗って戦っていても、故障だったり戦闘情況によっては戦車から下りて戦わなければならないと思います。

それと同じように戦争している以上、アガシオンから降りて戦わなければならない場合もあるんじゃないですか?

そういう時、水嶋や向日葵やトキや木下君はどうやって戦うんですか?

やはり刀か。それとも銃か。もしかすると格闘もあり?

トキや水嶋がヘレネス達とストリートファイター的な格闘をした方が将来格闘ゲームの題材になって儲られると思います。
まそまそ 2012/03/28(Wed)12:49:17 編集
参加されてましたか
26日は参加予定者多数だったので拡散の為遠慮したのですが、湊さんが行かれてるのでしたら顔出せば良かったとちょっと後悔です(><)

あと以前secret(管理人のみ表示)ボタンを押してメアド記載のメッセージを書き込みましたが上手くいってなかったみたいですね~(--;)
タム 2012/03/28(Wed)12:53:31 編集
コメントありがとうございます。
≫まそまそ様。

コメントありがとうございます。

圏内を訪れる事が可能な人間は携帯の電源ボタンを押すだけで簡単に現実世界に戻れるので、アガシオンが動作不良を起こした場合は白兵戦を行う事なく、ボタン一つで現実世界に戻ります。
そして彼らは、圏内では滅多な事がない限り、アガシオンから降りようとはしません。圏内で“死んだ”人間がどうなるか、彼らは漠然と噂から知っているからです。

時計眼の人間達にとっては圏内が現実ですが、人間にとっては圏内はゲームの世界と同じです。ゲームに命は掛けられない、というのが圏内に訪れる大部分の人間達の考えです。
彼らはアガシオンのコックピットにいれば安全だと考え、圏内ではアガシオンに乗って一方的にBAGsを狩り、飽きたらコックピットの中で形態を操作して現実世界に戻ってきます。生身の状態は圏内を訪れた瞬間だけです。それが圏内に行く事が出来る人間の一般的なプレイスタイルです。だから主人公は、圏内を生身で彷徨う灯に出逢った時、非常に驚いたのです。
生身の状態で圏内をうろつく水嶋はかなり特異な人間と言えるでしょう。あと、主人公にアガシオンを破壊された不良の皆さんも。

圏内ではエーテルの関係で動作が阻害される電子機器以外は使う事が出来るので、刀でも銃でも戦闘は可能です。しかしアガシオンを降りた彼らは戦闘のプロフェッショナルではないので(水嶋除く)、基本的に日本国内で入手が可能な得物と自分の経験に基づく戦い方しか出来ません。彼らの身体能力で時計眼の人間と生身で戦ったら、一方的に殺されてしまうと思います。



≫タムさん。

コメントありがとうございます。

自分も26日はスケジュール的に参加出来ない可能性もあったので、主催者様に参加のメールを出したのは直前の週明けでした。
次回は一緒に参加出来るといいですね。

secret機能の件ですが、未だにブログの機能は殆どブラックボックスのため、原因が分かりません。非常に申し訳ないのですが、連絡先は次回ホビーセンターかイベントでお会いした時、直接僕に教えて下さい。お願いします。
2012/03/28(Wed)22:22:38 編集
無題
湊サン。質問があります。

ヘレネスの時計眼って、メーカーはどこですか?セイコー?クォーツ?

彼らの時計眼は、死んだ時間を表してるそうですが、動かないなら時計としての役目は無い、形だけの時計ってこと?

予想1もしかすると、時計眼を取り外すとちゃんと歯車や機械があって、時計屋に持って行って修理をすれば直る?

予想2いや、まてよ……。仮に、時計眼がトキ達ににとって気持ち悪いなら、時計眼外して作り物の眼を代わりに嵌めたら普通の人間に見えてトキも気持ち悪くならないってこと?

トキはプラモ好きなら、作ったりしないのかな。
名無しの歯車様 2012/03/30(Fri)03:11:31 編集
コメントありがとうございます。
≫名無しの歯車様。

初めまして、コメントありがとうございます。

ヘレネス達の時計眼は瞳の形がアナログ時計のようになっているだけで、動くことはありません。

劇中でヘレネスの存在を知る主人公らが必要以上にヘレネス達を嫌悪しているのは、単に彼らの瞳が不気味である事だけでなく、自分達の行ってきた行為が殺戮であった事実を否定する為、無理矢理化け物扱いしている節があります。

劇中色々と歪んでいる主人公達ですが、倫理観はそれなりに正常なので、圏内で人殺しをしている自分を心のどこかで罰し、またその人殺しを正当化しようと常にあがいているのです。

時計眼とは主人公らにとって、畏怖の混じった嫌悪の象徴であると同時に、自分たちが犯してきた罪の証でもあるのです。
2012/04/03(Tue)03:30:26 編集
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
湊 利記
HP:
性別:
非公開
趣味:
プラモデル
自己紹介:
同人ゲームサークルKettleにて、作文担当をしている人。
ネジと歯車とゼンマイが好き。
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c) 湊屋別館 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]