忍者ブログ
日々の出来事を徒然なるままに
〓 Admin 〓
<< 01   2020 / 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29     03 >>
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもお久しぶりです。湊です。

近況報告の代わりに現在鋭意制作中のケイドワ連中の画像を上げたいと思います。

ケイドワ達と出逢ったのは今から3年ほど前。ヘルキャノンのクルー達でした。最初は悪いドワーフなんだろうなーと漠然と考えていて、渾沌の一員というイメージしかありませんでした。
しかし、RoRでRmanさんのお作りになったケイオスドワーフ達を拝見した時に、雷で撃たれるほどの衝撃を受け「何これ無茶苦茶素晴らしい!」とすっかりコミカルで憎めない悪く愉快なドワーフ達の虜になってしまいました。

その後は一部(主にフェル)が知っているように、ケイドワ愛故の奇行を連発。まだ絶版になっていないブラッドボウルのケイドワ勢をFB用に改造しようと試みたり(結局やらなかった)、カザドールのミニチュアがケイドワの髭と似ているからとケイドワ化しようとしたり(こっちはやりかけた)、事あるごとに「ケイドワ復活したら真っ先に揃えちゃうよ!?エンパイアとかドワーフとか押しのけちゃうよ!?」が口癖になっていました。
・・・・・・今思うと、当時の俺は思いっきり空回ってます(汗)。

実は7版時代は巻末に、ケイドワの簡易ロスターみたいなものが後ろの方にあったんですよね。で、そのロスターの下に小さく『ケイオスドワーフのアーミーブックはまだ出ていないけれど、出るかもしれないので楽しみにしていてくれ!』的な事が書いてあって、ものすごく楽しみにしていました。いやもう、もの凄く。

が。
時は流れ、8版。新しいルールブックの後ろに付いた簡易ロスターからは、綺麗に削除。泣き崩れる俺。8版になって一番ショッキングだったのは大部隊ルールでも魔法合戦でもなく、ケイドワが簡易ロスターから消えた事だったのです。

だが、神は俺を見捨てなかった!
去年の丁度今頃(だったと思う)、Forge Worldでネオケイオスドワーフのリリースが開始。しかも同盟軍としてイーサン軍(WoC)に入れることが出来る。喜びのあまりフェルに深夜に電話を掛け、心底迷惑がられる(ごめんなさい)。

・・・・・・しかし、このネオケイオスドワーフ、旧ケイオスドワーフと決定的に何かが違った。
それは帽子のデザイン。旧ケイオスドワーフは装飾煌びやかな長帽子を被っているのだが、ネオケイオスドワーフはヘルキャノンクルーと同じようなデザインの顔の隠れたヘルム。時代に合わせたのでしょうが、自分としては長帽子の方が嬉しい。あのコミカルな感じが気に入って、ケイオスドワーフが好きになったんだから。
まあ、こいつらは通常トループだしキャラクターは長帽子だろうと思っていたけれど、

・・・・・・数ヶ月後にリリースされたキャラクター達は、(一部を除いて)長帽子をスパンッと斬ったような短い帽子。むせび泣く俺。

ここで、湊のケイドワ増強計画は終わったように思えた。

だがしかし、その数ヶ月後にそーっと、こっそりForgeにオーダー。やっぱ欲しかったんですよ、ケイドワが!ケイドワだから!!
でも散々文句を言った手前、始めたとは言い出せず取りあえず保留。ある日うっかりフェルに電話で「ケイドワ揃えちゃいました」と言ったら、一拍間があって「ああ、君ならいつかやると思っていたよ・・・」というお言葉を頂きました。

とまあ、このように。
・・・・・・紆余曲折を経て、同盟軍製作が始まったのです。

トループパーツ






トループであるインフェルナルガード1体のパーツの内訳は、こんな感じ。装備はファイアグレイヴを選択してあります。これをぬるま湯(風呂用洗剤in)で満たされたバケツの中に放り込み、歯ブラシ使って洗浄。このパーツゴシゴシ、自分はかなり好きな工程です。

パーツ加工






キットはレジン100%なので、プラ用接着剤は使えません。瞬間接着剤で接着するのが好ましいのですが、強度に若干の問題があるので接着する前にパーツ内に1.0mmの真鍮線を通します。キャラクターならいいのですが、トループなので30体分。ドリルでゴリゴリ。心が折れそうになる。

組み上がり・・・?






なんとか30体分完成。しかし画像をよく見ると、瞬間接着剤によるヒケが出来ている。細かい物は見なかったことにして、やばそうな物をサンドペーパーでゴリゴリ。しかしその数実に10数体。心が折れそうになる。

・・・・・・というか、折れた。
オールレジン、それを30体一気組みは流石にレジン初心者には難しい。無謀すぎた。
他にもアンダーコート後に発見される大穴などが大量に発見され、振り出しに戻り、現在製作中断中。

そこで、
気分転換もかねて、残りのキャラクターを製作しました。

ケイドワキャラクター2






ゲラスに続く、ソーサラーその2。ちょっと見た目的にゲラスが偉くなりすぎて、ディーモン・スミスというよりソーサラー・プロシュートっぽくなってしまったので、地味なディーモン・スミスをコンセプトに組み立てました。
なので、基本は元ミニチュアそのまま。唯一の変更点は、持っていた得物をハンマーからインフェルナルガードのチャンピオンが持っていたピストルにしたこと。背負ってるものが非常にメカメカしいので、こっちの方が似合うかなと考えての変更です。
コイツは唯一キャラクターの中で元から長帽子なので、かなり気に入っています。

ケイドワヒーロー






殴るケイドワヒーロー、インフェルナル・キャステレンは現在リリースされておらず、ゲームで使用するなら自分で誂えなければなりません。そこで、ディーモンスミス最後の1体をインフェルナル・キャステレンを素体としてコンバージョンしました。
こいつもゲラス同様長帽子がなかったので、グリーンスタッフで製作。作り方はゲラスと一緒。同じだとつまらないのでRoRにあるケイドワキャラクターを参考に、帽子に装飾品を追加しました。おかげでゲラスよりも偉そうになってしまった。ヒーローなのに(現在のケイドワロスターであるタマ様本では、ケイドワロードキャラクター2体ともソーサラー)。
手に持っている首は最初どう見てもケイドワだったので、味方の生首かと思って「味方にも容赦ねぇな・・・この人」と思っていたのですが、よく見ると石像っぽい。しかしケイドワは魔法に失敗すると石になる性質があるので、もしかすると元ケイドワの石像かもしれない。術的な物か、自分への戒めか、友人だったのか、それは今後設定していく予定。
武装はインフェルナルガードと同じく、ファイアグレイブ。このファイアグレイブはフリント部分が掛けてしまっていた為、真鍮線を曲げてフリントっぽくしています。


・・・・・・というわけで、近況報告代わりの製作途中のミニチュアお披露目でした。
写真が無かった為載せなかったけれど、ケイドワキャラクター二体は完成。インフェルナルガードの皆さんは年内完成を目指す予定。早く戦場に出してやりたい!

それではまた次回!!
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
僕の質問に答えてくれてありがとう。
意外な返答でした。
小説家なら時間がなくても映画館に行って、作品の肥やしにしましょうね。

質問ですが、マージナルワールドの読者って、今のところどのくらいいて、どの年齢層に人気があるんですか?

僕はライトノベルではないと思っていますから、対象は20代だと思います。
めちゃくちゃレベル高い大人向けですね。

男女比は均等でしょう。オタクに受ける美少女も、腐女子に受ける美青年もどっちもバランスよく取り揃えていますから。

ちなみに僕は、マージナル史上最大の名シーンは水嶋がトキを中2病で美少女と遊ぶしか能の無い低能だと罵るシーンだと思います。
まそまそ 2012/10/26(Fri)12:48:14 編集
コメントありがとうございます。
≫まそまそ様

コメントありがとうございます。

自分は読者層を詳しく把握していませんが、頂いたお手紙などから察するに、大体中学生から社会人の方まで幅広く読んで下さっているようです。

男女比も正確なものは解りかねますが、手紙を送って下さった方々は大体男女均等で、若干女性の方が多かったです。

余談ですが、マジワルに出てくるネコのヒラメはかつてうちの近所に居たノラネコがモデルです。最近見かけませんが、雨の日に笑いながら顔を洗う妙なネコでした。
2012/10/28(Sun)20:48:19 編集
無題
湊サンは、富野由悠季や庵野秀明と並ぶロボット物の書き手なので、当然同業者の動向は把握してると思います。

そんな湊サンから見れば、エヴァQってどうだったんですか?

「マージナルワールドの方が上だな!」などと、同業者の目線から見て何かしら意見や感想を抱いていることと思います。

僕は3DCGやってるので、ウンダーや宇宙船の緻密さに圧倒されました。

まそまそ 2012/12/19(Wed)17:39:13 編集
コメントありがとうございます。
≫まそまそ様

コメントありがとうございます。

非常に恐縮ですが、駆け出しの自分が天上の神の如き御二人と並ぶ事は決して有り得ません。
御二人の作品は大好きな作品が多いので、この先もし御二人に奇跡的にお目にかかる事があれば、自分は間違いなく悔いなく成仏出来ます。

エヴァQは友人に誘われて見に行きました。今年初の映画鑑賞です。ああいう派手に動く映画は、やはり映画館で見るに限ると再認識しました。
自分はテレビ版からずっと、シンジ・トウジ・ケンスケの三人組が好きなので、次作で二人の生存を望んでいます。
2012/12/20(Thu)04:28:52 編集
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
湊 利記
HP:
性別:
非公開
趣味:
プラモデル
自己紹介:
同人ゲームサークルKettleにて、作文担当をしている人。
ネジと歯車とゼンマイが好き。
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c) 湊屋別館 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]