忍者ブログ
日々の出来事を徒然なるままに
〓 Admin 〓
<< 01   2020 / 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29     03 >>
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもお久しぶりにございます。湊です。

先月先々月と、色々と忙殺されておってブログの更新がめっきり減ってしまっている間に、世間(オールドワールド)では魔力の嵐(ストーム・オブ・マジック)なる存在が猛威を奮っているそうで、こりゃもう40kでウルリック先生を塗っている場合では無いな、とFBに戻ってまいりました。

“放浪者”ウルフリック






“放浪者”ウルフリック。この写真は6月にMDDの方と一緒に中野で遊んだ時に撮ったものです。作ってペイントしたのは1年ぐらい前。あまりペイントが上手くいかずにペイント途中で放置した後、何度か塗り直しを重ね、丁度中野で遊ぶ時に合わせて塗り終わりました。彼の駆る海の牙(シーファング)の特性上、奇襲が得意なキャラクターでありますが、未だにその奇襲がまともに成功した事はありません。WoCのスペキャラの中ではかなり好きなキャラクターなので、色々な戦場に出没する予感。

カーヴシンク






6月に撮影したもの、その2。“葬送者”カーヴシンクが出撃しました!バトル内容はウォーリアー・オブ・ケイオスvsリザードマンの2000ポイント戦。
実はこのバトルがこいつのデビュー戦。しかし、開戦早々に戦死(笑)。魔力暴走による戦死や一騎打ちで負けての戦死でなく、逃げ遅れて首をはねられるという切ない戦死。しょうがない。きっとこの戦死も、ティーンチ神の壮大なる計画の一つだったのだろう。というか、普段コーン信者であるにも関わらず、ジェネラルをティーンチ系のソーサラーロードにしたのが色々とまずかったのかも。ダイス目でも散々だったし。やっぱ、コーンの統べる者は魔力になんざ頼っちゃいけないんですよ!(とか言いながら、ストーム・オブ・マジックにむけて、ソーサラー編成のロスターをシコシコ考えている)

ゲームは、リザードマン側の勝利。思いっきりボロ負けでした。最近負けっぱなしなので、次回こそは勝利をこの手にしたいと思います!
感想として、レベル4ウィザードは、普段使う2レベル以下のウィザードと天と地ほどの差があって、面白かったです。普段ディスペルする際に、「ディ・・・ディスペルスクロール使います・・・・・・」と苦悶の表情を浮かべながら宣言するような高度な魔法でも、レベル4というアドバンテージにより、結構楽にディスペルすることが出来ました。ジェネラルということもあって、魔力の暴走が怖かったのですが、案外出ませんでした。
普段ジェネラル(イーサン)をバリバリ前戦に出して一騎打ちを仕掛ける戦法で戦っている自分にとって、一歩引いた所から魔法を操るジェネラルというのは、かなり新鮮な光景でした。ただちょっと、一騎打ち的な熱さが足りない(笑)。


・・・6月のお話はこれぐらいにして、そろそろストーム・オブ・マジックの話。
ストーム・オブ・マジックはその名の通り、魔力の風がもの凄い勢いで荒れ狂い、嵐になってしまった現象を指す言葉。このストーム・オブ・マジックが吹き荒れる時、オールドワールドに様々な厄災が降りかかるという・・・・・・
そういった状況下では、普段使えない強力な魔法が使えたり、とんでもないレベルのマジックアイテムが使えたりと、魔法使いにとって非常に魅力的なシチュエーションが整っているようです(ただし、デッド・オア・アライブであることを忘れずに)。要するに、ストーム・オブ・マジックの主役は魔法使い。武力ではなく知力こそが物を言う世界、それがストーム・オブ・マジック!

つまり、ケイオスロードのイーサン卿に代わる新たな相棒が必要になったというわけだ!ソーサラーロードの!それこそ、レベル4クラスのウィザードが!!
・・・え?カーヴシンクさん?ああ、あの方は先の戦いで魔力の渦の中に行ってしまわれたので・・・・・・(でも、そのうちひょっこりと姿を現しそうな予感)

そういうわけで、オリジナルのソーサラーロードを作ることにしました。
メタルってます






オリジナルのキャラクターはコンバージョンをせねば!と家にあったミニチュアを色々組み合わせて、コンバージョン。素体としたのは、二刀流のエグザルテッドヒーロー。何かのコンバージョン用にと前に購入したもので、ホビーセンターなどで結構慣れたミニチュアだったのですが、最近ファインキャスト化したためにメタルのコイツは貴重な存在となってしまいました。そのため、一瞬これを素体として作るのを躊躇したけれど、そういえばイーサンだって徒歩アーケィオンをコンバージョンして作ったことを思い出し、制作を始める。やっぱり新たな相棒には、素体をケチっちゃいけないぜ!
ざっと組み立てた感じ、どうもエグザルっぽさが抜けなかったので、巻物を持ったファミリアを配置しました。束縛の巻物を運ぶイメージ。これで、ソーサラーっぽくなったはず。

完成!






ペイントした後。ペイントはCODEX GREYとSHADOW GREYをベースにしました。一番頑張ったのは、鎌のペイント。所々を黒くしてあるのは、コイツが特定の暗黒神を信仰しないアンディバイドである証。といっても、頭部や武器(杖)は完全にナーグルっぽいんですが・・・細かいことは気にしない。

名前は“召喚師”サマンスレイヴ。ストーム・オブ・マジックでゲームをプレイする場合、うちの軍にて、召喚されたり束縛の巻物で支配した魔物は、全て彼の支配下にいるという設定です。
召喚術を極めた彼は、暗黒神から賜った大鎌を奮い、時間や空間、次元を無視して様々な凶悪きわまりない魔物を喚び出す事ができます。ある一件からイーサンに絶対の忠誠を誓っており、今回のストーム・オブ・マジックにおいて、イーサンは彼に己の軍勢を任せることに決めました。魔物を奴隷にし支配することに長けている為、自らサマンスレイヴと名乗っていますが彼は気付いていません。召喚術という存在そのものに、彼が支配されていることを・・・・・・

まだストーム・オブ・マジックで遊んでないので、この新たな相棒誕生を原動力に我がケイオス軍の増強を始めたいと思います。
・・・そしてまた遅れに遅れる40kへの道・・・・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
湊 利記
HP:
性別:
非公開
趣味:
プラモデル
自己紹介:
同人ゲームサークルKettleにて、作文担当をしている人。
ネジと歯車とゼンマイが好き。
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c) 湊屋別館 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]