忍者ブログ
日々の出来事を徒然なるままに
〓 Admin 〓
<< 01   2020 / 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29     03 >>
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもこんにちは、湊です。

先週、MDDの方々と共にホビーセンター中野店に遊びに行き、1500ポイントずつ出し合って調和の陣営vs破壊の陣営で3000ポイントのノーマルバトルを行いました。

そのバトルをバトルレポートとしてまとめたので、ご覧になってください。ゲーム記録ではなく、物語調にしました。ちなみに使用したシナリオは〈4,流血と栄光〉です。

以下、バトルレポート。


ズィルヴァニア北西、かのおぞましきモードヘイムと悪名高きヘンペルホフ城に挟まれ、その地に住まう民からさえも忌み嫌われる飢餓の森。かの森は、生い茂る生き血を啜る茨によって行く手を阻み、それでもなおこの地に足を踏み入れる愚か者達は、森を徘徊する死霊によって魂を刈り取られるという・・・・・・


トゥームキング!






その呪われし森に、アルカディザール王の時代に奪われた古の財宝を奪い返し己が武勲を立てるべく、目覚めたばかりの若きファラオを頂に置くトゥームキングの一団が進軍。

ヴァンパイアカウント!






自らの地を汚す赤砂漠からの不作法な来訪者共に来客の作法を教えるべく迎撃に出たカイン・フォン・カーシュタイン率いるヴァンパイアカウントと小競り合いを繰り広げ、両軍の衝突は七日目にして半ば膠着状態となっていたが、新たなる軍勢の出現により戦況は大いに拡大する。

ウォーリアー・オブ・ケイオス!






一つは、ケイオスロード“異端たる”イーサン卿に仕える召喚師、サマンスレイヴ率いるウォーリアー・オブ・ケイオスの軍勢。

リザードマン!






それを追って現れた、大予言を成就させるべく数々の悪名高きケイオスロード達を殺戮してきた“渾沌狩り”の異名を持つスラン、トゥルクコォル率いるリザードマンの軍勢。


トゥルクコォルは、スキンクプリーストのトゥクトクが放った斥候から得た情報を元に利害関係が一致した事を確認すると、即座にトゥームキングとの一時的な同盟関係を結び、サマンスレイヴはこの戦が終わった後トゥームキングの持つ“ある財宝”をこちらに引き渡す事を条件に、カイン・フォン・カーシュタインと不浄な盟約を結んだ。


飢餓の森!!






この二つの軍勢が戦に加わった事により、戦況は拡大。単なる小競り合いから、破壊の陣営と調和の陣営がぶつかり合う流血と栄光を求める大規模な戦闘へと発展した。

突撃!!






同盟が結ばれるとすぐに、トゥルクコォルは見事な采配によってファラオを守護する精鋭達と共同戦線を張り、雪崩のように押し寄せ耳障りなうなり声を上げる蛮族共を蹴散らすべく突撃させ、

チャリオットvsグレイヴガード!!






若きファラオはウォーリアー達の弓矢による援護を背に、チャリオットの軍勢をヴァンパイアカウントの精鋭たるグレイヴガード達へと差し向けた。


当初、トゥームキングのカスケット・オブ・ソウルによる雷撃や、トゥルクコォルが放つ数々の規格外な大規模魔法、奇妙に歪む魔力の風によって繰り出す魔法を乱されたカイン・フォン・カーシュタインの乱心など、戦局は調和の陣営が有利に思われたが、スフィンクスに向け差し向けられた冷たき手を持つケルン・レイス、精鋭達を差し向けてなお怯まぬ蛮族共の捨て身の猛攻により隊列を乱され、さらには敗走していく蛮族共に深追いしたトゥームガードに不意打ちを仕掛けたグレイヴガード達の反撃により、戦局は徐々に破壊の陣営側へと遷っていくが、どちらの士気も崩壊する事無く、戦いは再び膠着状態へと陥った。


レイスvsスフィンクス








ザウルスウォーリアーvsケイオスウォーリアー







均衡の瓦解は、トゥルクコォルによって引き起こされる。同胞へとプ・ハの守りを掛けたトゥルクコォルは、不運にも抗えぬ大魔力を発生させてしまい、その結果次元のとばりが乱れ、トゥルクコォルは〈渾沌の領域〉へと吸い込まれてしまった。
トゥルクコォルがいなくなっては、いかに冷静で士気の高いリザードマンといえども、その士気を保つ事が出来ず徐々に隊列が乱れていき、残存兵達は戦場から離脱する事を余儀なくされた。この戦に勝ち目が無くなったと判断した若きファラオも残された配下と共に飢餓の森を抜け、ズィルヴァニアを後にした。不作法者共の躾に満足したカイン・フォン・カーシュタインも、この戦で新たに加わった不死者達と共に自らの領地へと兵を引き上げていった。



そのどさくさに紛れ、サマンスレイヴは自分の残った僅かな手勢を連れて、戦線を離脱しつつあるファラオの軍勢へ奇襲を敢行。見事、ファラオが所持する、かの高名な魔術師であるカドンが書き記した束縛の巻物を数本奪取することに成功した。
サマンスレイヴはこの巻物をこの若きファラオが所持している事を突き止め、奪取する機会を伺っていたのだった。束縛の巻物を手に入れた事によりサマンスレイヴはさらに強大な魔物を召喚し、支配する事が出来るだろう。しかし彼は気付いてない。これが自分をさらなる破滅へと導く策略深き暗黒神の罠だということに・・・・・・


次はストーム・オブ・マジックだ!







バトルレポートは以上です。自分の突然の思いつきに、熱い設定やキャラクターの名前を送って下さったMDDメンバーの皆様、本当にありがとうございます。
バトル結果は、破壊の陣営側の勝利。ようやく連敗記録がストップしました!(笑)

流血と栄光は初めてやったシナリオだったのですが、接近戦が多く、非常に白熱したバトルが楽しめました。
最後はスランの消滅という、その場にいた誰もが予想し得なかった意外な結果で幕を下ろした今回のバトルでしたが、終始笑いの絶えない非常に和やかで気持ちのよいゲームでした。それぞれの勢力全てに見せ場のあった、非常に面白いバトルだったと思います。バトルが終わった後、近くの中華料理屋さんでみんなとウォーハンマーとTRPG談義に花を咲かせながら食事をして解散。非常に充実した1日でした。

いつも同盟戦で自分は“放浪者”ウルフリックやイーサンを使っているので、マジックフェイズは半ばオミソ状態になっているのですが、今回はレベル4ウィザードのサマンスレイヴを引っさげての参戦だったので、マジックフェイズの駆け引きにも参加しました。慣れないマジックフェイズ、ヴァンパイアカウントの方の足を引っ張ってしまいました。申し訳ありません。
今回のバトルで、マジックフェイズの駆け引きは、どの魔法をディスペルするか、ではなく、どの魔法を通していいのか、というものだと気付かされました。目先の利益を優先したディスペルより、大局を見通したディスペル。本格的にマジックフェイズで駆け引きの出来るレベル4ウィザードの投入により、ようやく自分のアーミーも8版仕様になったように思えます。

このバトルで一番楽しみにしていたのは、トゥームキングとのバトル。新版はおろか旧版のトゥームキングとも一度もバトルをしたことがなかったので、非常に楽しみにしていました。戦った感想として、三列チャリオットがタフで怖い。そして、ウォーリア―の弓矢5、6ヒットが予想以上に驚異でした。今回はケルン・レイスに止められてしまったスフィンクスも、大暴れしていたらどうなっていたか分かりません。トゥームキング、侮りがたし!

今回が初出撃だったサマンスレイヴは、スピアを持ったザウルスウォーリアーの尋常じゃない回数の攻撃を全て防ぐという活躍をしてくれ、さらに無事に生還してくれたので大満足。しかし肝心の魔法は全部ディスペルされてしまい、接近戦で殴っている事の方が多かったのが残念。一応、レベル4ウィザードなのに・・・

今回の自分のアーミーのMVPは、大部隊を30体2部隊で編成し直したマローダーの皆様。正直、ザウルスウォーリアー、スラン合流のテンプルガード、トゥームガードの3ユニット同時突撃には死を覚悟していたのに、捨て身覚悟の攻撃でその3ユニットに大損害を与え、海賊マローダーに至っては、一度離脱してから戦線復帰という凄まじい活躍をしてくれました。正直、カスケット・オブ・ソウルによる雷撃で隊列を削られまくっていたケイオスウォーリアーより、いい仕事してくれた。

今回の残念賞はヘルキャノン。一度も暴走せず、吐き出した砲弾は全部空振り。きっと機嫌が悪かったんだ。そうに違いない。もしくは変な物食べて食あたりでも起こしていたのか。

さて次は、ストーム・オブ・マジックで遊びたいと思います!!



-追記-
私の新相棒、“召喚師”サマンスレイヴをRoRに掲載して頂きました。Rmanさん、本当にありがとうございます。
RoRには管理人であるRmanさんを始め、全国の趣味人の皆様の素晴らしいミニチュアの数々が掲載されているので、ウォーハンマーに興味のある方は是非是非ご覧になって下さい。
-RoRへ-
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
先日はおつかれさまでした!
久々のウォーハンマー満喫できましたね。
バトレポありがとうございます。写真と戦いの経緯が語られることでとても良い記録に!
8版マローダーは強いぃい!けど、より早くて強い難敵にはケイオスウォリアーが活躍してくれるはずです。
最後の決戦で暴走→スラン退場はもう笑うしかないですが、実にウォーハンマーらしい展開だなと思いますw
ザウルス+ステガドンの総攻撃に耐えるサマンスレイヴさんカッコイイ!
しかし、次こそはトカゲの恐ろしさを思い出していただきますよ!
唐揚げうまかったw
トカゲ(北 2011/12/08(Thu)02:52:40 編集
コメントありがとうございます。
≫トカゲ(北)さん

こちらこそ、先日はお疲れ様でした!

あのバトルが終わっても興奮冷めやらず、バトルレポートという形でその興奮を形にしようという突然の思いつきに協力して下さり、本当にありがとうございます。

8版のマローダーは本当に強いですね。自分でも使っていてびっくりしています。ケイオスウォーリアーも防御力は7版以上に上がっているので、もっと活躍させてやりたいと思っています。

確かにスラン消滅は、何が起こるか分からないウォーハンマーらしいですね。ケイオスに並々ならぬ復讐心を抱くトゥルクコォルなら、〈渾沌の領域〉に入り込んでしまっても、ディーモンプリンスの首を何個か手土産にひょっこりオールドワールドに生還しそうな感じがします。

トカゲ(北)さんのリザードマン部隊の凶悪さは毎回身にしみております。しかしリザードマンに毎回怯えているようでは屈強さが売りの北方人の名に傷が付きます!次回も正面からぶつからせていただきますよ!!

唐揚げ無茶苦茶美味しかったですね。あそこまでジューシーな唐揚げは、久しぶりに食べました。自分は自分で注文したチャーハン茶漬けなるメニューが癖になりそうでした。次回集まる時も、あそこで食べましょう!

2011/12/08(Thu)18:29:32 編集
無題
お久しぶりです。
いつも変な質問に答えてくれてありがとう。

質問ですが、湊サンはマージナルワールドを書いてる時から村崎さんにイラストを依頼しようと思ったんですか?

どういう経緯で決まったのか気になります。

あと、マージナルワールド3巻が待ち遠しいです。いつ出ますか?
まそまそ 2012/01/12(Thu)13:53:56 編集
コメントありがとうございます。
≫まそまそ様

あけましておめでとうございます。

投稿するべくマージナルワールドを書いていた時は、イラストレーターさんの事はあまり考えていませんでした。しかし村崎さんがイラストを描いて下さる事が決まっていた2巻では、このシーンを描いて頂きたい、このシーンを村崎さんならどう描いてくれるだろう?と想像しながら書きました。あとがきにも書きましたが、その煩悩の権化とも言えるのが、ナッドサット時代の集合写真です。

3巻ですが、いつ出させて貰えるかはまだ分かりません。ごめんなさい。
2012/01/13(Fri)03:43:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
湊 利記
HP:
性別:
非公開
趣味:
プラモデル
自己紹介:
同人ゲームサークルKettleにて、作文担当をしている人。
ネジと歯車とゼンマイが好き。
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c) 湊屋別館 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]